ローンが残っている車を売る方法

ローンが残っている車を売る際には、まずその車の所有者を確認する必要があります。

 
車検証に記載されている所有者が、自分であれば売る事ができますが、それ以外の車会社や信販機関、金融機関などであれば実質的な少勇者は自分で会っても所有権はそれらの企業なので売ることはできません。残高を0にして完全に返済したら名義変更をする書類を発行してもらえるので、各企業に相談して一括で返済をする事になります。

 
もし売りたいけれど返済を一括でする事ができないという事であれば、車買取業者を使う方法があります。

 
買取業者に依頼すると、車をその業者に売ることが前提ですが販売のために残りの返済分を立て替えてくれるので、残高が残っていても車を売ることが出切るのです。

 
無論立て替えているだけなので車の販売価格が残高より安いのであればその差分を支払う必要がありますが、残高より高いのであればその分が買取業者より支払われることになります。

 
ですのでどうしても支払いが残っている車よりも支払額は安くなってしまうのですが、車買取業者であれば名義変更を代理で行ってくれるなどのサービスも付随するのが一般的ですので、どうしても手放す必要があるという方にはこの方法がお勧めです。

コメントは受け付けていません。