車検が切れている車について

期限が切れている車については改めて新しく取得するか、もう車に乗らないのであれば廃車として処理する方法があります。期限が切れているのにそのまま放置しておきますと、問題点があります。その問題点とは税金です。ナンバーを返還しないままでいますと毎年自動車税が発生します

 

。取得していなくても税金は発生していますので乗らないのに税金が毎年加算していくという形になります。大変もったいなく無駄な税金となりますので、もう乗る予定がないのでしたら中古車の買取り業者の方で査定をしてもらい、買取りをしてもらいましょう。車を動かさなくても出張買取りという方法ありますので大丈夫です。取得する場合には、整備をしたり、車検場まで行くのに車を動かす必要がりますから、仮ナンバーを取得しましょう。

 

仮ナンバーの発行は市町村の窓口の方で受け付けています。期限が切れていると他の税金を支払う事になるのと車を動かす事ができませんので、エンジン内部や車体の傷みの原因になります。車を動かさないで置いておくだけで、車は傷みますから、乗るか乗らないかの判断は早めに行いましょう。

 

原則として、切らす前に取得するのが普通です。売却する場合も切れる前に行うのが1番良いでしょう。

コメントは受け付けていません。