車体のキズや事故歴はどうすればいいの?

車を売却する際の注意点です。
過去に事故を起こしてしまった、或いは事故に遭ってしまい車体にキズをつけてしまったなどの経緯がある場合には、隠さずに正直に申告した方が良いです。

 
なぜなら、売却後には細かく調べられますし、また売却後のオークションの際には更に細かく調べられ、隠しておいてもほぼ確実にバレてしまいます。
仮にバレてしまったら、後々問題が発生して困ったことになる可能性かあります。
この問題というのは、何も知らずに買い取った業者から契約の取り消し、最悪の場合は損害賠償請求をされることがあります。

 
そうならないためにも、申告は正直に行いましょう。

 
また、自社で修理できる査定業者が大半ですし、仮に自社で修理できなくても修理業者と提携している場合がほとんどですので、基本的には何もせずに売った場合の方が、査定は低くなってしまっても自分で修理に出すよりも出費を抑えることができます。

 
自身が新車で購入した場合には事故歴は自分で分かりますが、中古車を購入した場合には少々問題があります。

 
購入以前の事故歴が分からないからです。

 
中古で購入した車を売る場合の契約では、売却後に前所有者の事故歴が判明しても契約は解除しないことを一筆追記してもらうと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。