査定に必要な書類を揃えよう

査定に必要な書類と言っても、査定だけなら、基本的に普段自動車に載せてあるはずのものです。まず自動車検査証です。これは自動車を運転するとこには必ず携帯していなくてはいけないので自動車に載せてあるはずです。

 

それから自賠責保険これも自動車検査証と同じで持っていなければならないので、普通は検査証入れに入っているはずです。名義変更ではなく、査定だけならこれだけです。運転するときは必要な物なので、いつも持っているはずです。

 

でももし紛失してしまったり、破損や汚損がある場合は、再発行しましょう。自動車検査証は管轄の陸運局で、自賠責保険証は加入した保険会社で再発行できます。両方ともなくしているときは、まず自動車検査証の再発行から行います

 

。認印を持って管轄の陸運局へ行きます。再発行にはナンバープレートの番号が必要です。手数料も300円かかります。その場ですぐ再交付できるので、それを持って、保険会社へ行きます。代理店ではできませんので営業所などへ行きます

 

。再発行には手数料はかかりませんが、身分証明と認印自動車検査種などが必要です。そのため先に自動車検査証の再発行をする必要があるわけです。

 

実際に売却するときにはこの他に名義変更に必要な物がいりますが、査定だけならこの二つとなります。

コメントは受け付けていません。