高く売却するためのチェックポイント

車を高く売る為には査定時の評価基準を知り、それに対する対策をしておく事が大切です。

 
まず挙げられるのが車体の傷です。

 
査定の際には色々な部分をチェックされますが、ボディに傷があるとマイナス査定になる事があります。

 
その為、できるだけ傷は消しておく事が大切です。
しかしながら、その際に注意したいポイントがあります。
それは下手に補修はしないという事です。

 
自身で傷消しを行うと状態が悪くなり、それによってマイナス査定になってしまう事がありますので、補修に自信が無い場合は手を出さない方が無難です。
また、専門の業者に補修を依頼するという選択肢もありますが、補修に掛けた費用が買取価格に反映される事は殆どありません。

 
つまり、業者に補修を依頼すると損をする事にもなります。
しかし、洗車時に付いたような細かい傷程度ならコンパウンド入りのワックスを掛ける事で綺麗になりますので、ワックス掛け程度ならやっておく事が大切です。
査定時には付属品の有無もチェックされます。

 
付属品としてはタイヤや鍵、説明書などがありますが、それらの付属品にも価値がありますので、用意してから査定に出す事が大切です。
年式も査定時にチェックされます。

 
やはり新しい年式の方が高く売れ易くなりますので、買い替えをする予定がある時には早めに査定に出した方がお得になるケースもあります。”

コメントは受け付けていません。