手続きの流れと必要な書類を把握しよう

売却可能な中古車とはどんな条件の中古車でしょうか

 

。実は基本的にどんな中古車でも売却は可能です。もちろんいくらで売れるかを考慮しなければですが、つまり1万円とか5000円とかでもよければ中古車の売却は可能です。何故ならスクラップとして売れるからです。平成17年1月1日に自動車リサイクル法がはじまり、それ以来全ての自動車に数千円から数万円のリサイクル費用が先払いされ、預託されているからです。

 

この預託金により、正しく解体した業者は解体費用の一部を受け取ることが出来るので、スクラップの売却だけでなく解体手数料の収入があるようになり、その分確実にスクラップにされる中古車の値段が上がって為です。

 

まして中古車として転売可能な中古車は当然更に高い買い取り値がつくわけです。ですから自分で抹消登録の手続きをする前提なら、値段がつかないと言う理由で売れない車はありません。しかし、スクラップも含めて売れない車があります。それは書類のない車です。

 

車検証もしくは抹消謄本のない車は、売れません。スクラップ屋でも買い取ってくれません。これは盗難車のの売却を防ぐためと、書類がない車は再登録できない為で、こればかりはどうすることも出来ません。

 

特に車検証は再発行できますが、抹消してる場合抹消謄本の再発行は出来ないのです。例外として、再び登録する場合、抹消時のデータが分かりそのときの持つ主の書類が出せるのなら、新規登録は可能ですが、その場合も抹消謄本の交付ではありません。簡単に言うと、車は車と書類がセットで車と言うことです。車だけあっても、登録できなければ価値がありません。

 

従って売却も出来ません。

コメントは受け付けていません。